とても大切な学習メソッド!!

わたし、思っています…

試験があるから勉強をするんだけど、
どうすれば覚えられるのかなぁ?

私たちは、どうすれば覚えられるのか?を考えました。

上のグラフの左側が忘却曲線です。
授業で習ったことが、1日で28%しか覚えていませんね。
右側の復習定着率曲線を見ると、その日に復習して、何回か復習すると定着しています。
学校へ行く前に10分程度の 予習して、授業を受けて帰宅後に10分程度の復習が出来たらどうでしょう?
もちろん、あなたのクラブ活動や自分のペースも違います。
そこにある自分がやりたいところにタブレットプラスαが短い時間に入れば、成績が上がっていきます。

これだなって、気付きました・・・

クラブをやって、重要な教科を出来なかったときに、
予習、授業、復習ができる、これがあった。

記憶の仕組みを・・・

学校で教師が一生懸命に勉強を教えても、1時間もたたないうちに半分以上の内容を忘れ、家に帰った頃には3分の1程度になり、翌日では4分の1程度しか覚えていないのです。
帰宅後に必ず復習を義務づけないと子供の学習内容は定着しない事になってしまいます。
この忘却曲線をもとに考えると、復習は学習後なるべく早い時間に行わせたほうが効果が高いようです。
また復習の回数は1回だけでなく、複数回行わせたほうがより効果があると考えらます。
学校で授業を受ける前に予習を行えば、学校での授業そのものが復習の意味を持つ事になるので、学習内容の定着には効果が高いはずです。



わたしは思う・・・

タブレットプラスαに、人気の高い先生が、10分前後授業が入ってこれ重要だって!!

ぼくもそうだね・・・

高校受験が先にあるから、解らなかったところを前に戻って勉強ができて安心!!

タブレットプラスαで10分程度の映像授業を・・・

日々の予習、復習に最適な学習システム

4つのステップで構成されています。
「学習の要点」「一流講師が動画で解説」「練習問題」「音声と動く赤ペン解説」で解らない 問題は、戻って繰り返し学習することで、より着実に学力アップへと導きます。

中間、期末対策

出題範囲を確認し、再度、要点解説や動画解説で忘れているところをもう一度復習することで成績アップにつなげます。

短時間で予習、復習

例えば、クラブ活動で学習時間に制限がある場合、10分程度の動画による解説が有効です。

戻り学習


系統学習

数学や英語のような積み重ねの学習を「 系統学習 」と言います。
途中で理解していない箇所があると先へ進めない事があります。
では、過去に十分に理解していない箇所があると、そこまで戻って再学習すればいいのですが、個々の生徒さんによりその箇所はさまざま。
学校や塾の先生でも、そこに辿り着くのは至難の業なのです。
タブレットプラス αは、個々のつまずきを発見して、解り易く解説・学習し、理解した後に次の単元に進みます。
また、単元ごとに履歴を残し、理解度の確認が出来るので、弱点を知り、克服して行きます。

タブレットプラスα中学生   TP

タブレットプラスα小学生高学年EH

タブレットプラス 小学生低学年 EL

PAGE TOP